NPO法人 愛知県難病団体連合会

難病患者・家族へ医療・福祉向上を。社会との豊かなつながりを。

☎:052-485-6655  mail:ainanren@true.ocn.ne.jp
イベント

イベント

ピアネット 市民公開講座 前立腺がん~多岐にわたる治療法と最新治療について

名古屋市がん相談・情報サロン ピアネット
受託者 特定非営利法人 ミーネット様から
ご案内いただきましたので紹介します。

ピアネット 市民公開講座 前立腺がん~多岐にわたる治療法と最新治療について
2023年2月4日~ オンデマンド配信

お問い合わせ
名古屋市がん相談・情報サロン ピアネット
TEL 052-243-0555

詳細はチラシを参照ください

チラシ表 ピアネット 前立腺がん~多岐にわたる治療法と最新治療について
チラシ裏 ピアネット 前立腺がん~多岐にわたる治療法と最新治療について

「みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト」のご案内いただきました。

 みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト<People’s Power flow into Healthcare : PPH>は、あらゆる人が立場を超えてこれからの医療を一緒に考え、創っていくためのプロジェクトです。

 病気をもつ人、ライフサイエンス企業、医療者、研究者といった立場の異なる人たちが協働し、これからの医療をつくるにはまずお互いを知ることが必要であることから、みんなでつくろう、これからの医療プロジェクトでは「みんつくゼミナール2022」と題して全5回のセミナーを開催しています。

 12月18日(日)の第4回は「ルールブックチーム制作 『みんつく協働ガイドブック』を知ろう」を開催します。

 立場の異なる人たちが語り合い、一緒に考え、分かち合い、協力しながら同じ目標に向かって歩む「協働」にはワクワクがあります。しかし「ルール」がなければ、コミュニケーションのズレが起きてしまい、ワクワクできないかもしれません。病気をもつ人とライフサイエンス企業で働く人がともに作ったガイドブック「みんつく協働ガイドブック」の紹介とともに、医療における協働について一緒に考えてみませんか?

【開催概要】
  開催日時:12月18日(日)13:00~15:00
  開催方法:Zoomウェビナー
  参加費:無料
  詳細・申込:
     https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_72gkr2E7TbOwP2kgxThRcw

【プログラム】
  ①みんつく協働ガイドブックの紹介
  ②ガイドブックについてディスカッション

主催:一般社団法人ピーペック みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト
共催:グリーンルーペ、認定NPO法人希望の会、
   NPO法人患者中心の医療を共に考え共に実践する協議会(JPPaC)
協賛: アステラス製薬株式会社、第一三共株式会社、武田薬品工業株式会社、
   日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社、ノバルティス ファーマ株式会社、
   ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社


みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト

名古屋市「自立に向けて一緒に考えよう!講演会」のお知らせ

令和4年度名古屋市第3回小児慢性特定疾病児童等自立支援事業
参加費無料 オンライン開催

自立に向けて一緒に考えよう!
~相談できる人・場所はありますか?~

病気とつきあいながら自立して生活・仕事ができるだろうかなど、ひとりで悩んでいませんか。
小児慢性特定疾病をもつ方々の相談に対応されている講師のお話を聴いて、
将来について一緒に考えましょう!就職相談などにのってくれる場所もご紹介します。


日  時  令和4年12月17日(土) 14時00分~15時30分
開催方法  Zoomによるオンライン開催
        ※参加に必要なパスコードなどの詳細は受講通知メールの際にご連絡します
対  象  小児慢性特定疾病医療受給者(中学・高校生以上向け)および保護者、
      申請予定の方30組
        ※応募多数の場合は抽選となります。

講師プロフィール
  静岡県立こども病院医療ソーシャルワーカー/静岡県小児慢性特定疾病児童等自立支援員
  城戸貴史氏
  2006年~静岡県立こども病院医療ソーシャルワーカーとして勤務。
  静岡県小児慢性特定疾病児童等自立支援員、静岡県育児対策支援コーディネーター、
  日本小児総合医療施設協議会SW連絡会運営委員長を兼務している。
  社会福祉士等、複数の資格を持ち、子どもに関わる多領域の専門職が連携して支援できる
  体制づくりに尽力している。
  2016年には、小児専門病院としては全国で初めてハローワークとの業務提携を実現された。

申込方法
  名古屋市電子申請サービスよりお申し込みください。(チラシ参照ください)

申込締め切り 令和4年12月5日(月)

留意事項
  パソコン、スマートフォンなどの端末を各自ご用意ください。
  申し込み締め切り後、申請時ご記入いただいたメールアドレスにご案内をお送りします。
  通信費は参加者の負担となります。

問い合わせ
  名古屋市子ども青少年局子育て支援課
  電話 (052)972-2629


自立に向けて一緒に考えよう!チラシ

「障害年金に備えるには」学習会に参加ください

全国心臓病の子どもを守る会が取り組んだ「生活実態アンケート2018」」では、身体障害者手帳を取得しているのは小児63%、成人80%でした。取得率は年齢が上がるごとに高くなっています。(取得しにくくなっていることの反映かもしれません)
障害年金は受給「あり」が31%でした。
「取得・受給しにくい」と言われている状態の中で、生活を守るために、「どのように備えるか」を一緒に考えましょう。

白石先生は、障害年金の相談・請求件数も多く、頼りにできる先生です。
  講演テーマ 障害年金に備えるには
  講 師   白石美佐子 社会保険労務士
  日 時   11月3日(文化の日) 13:30~15:30
              講 演     13:30~14:30
              休憩後に交流会 (~15:30予定)
会 場   ウインクあいち1209室

参加対象  愛知心臓病の会患者・家族を中心にだれでも参加できます
(10月15日までは会員優先で受付ます)
募集定員  20名 
参加費   無料

白石美佐子さん(社会保険労務士)のプロフィール
NPO法人愛知県精神障害者家族会連合会顧問
伊予銀行、社会保険事務所などの経験を活かし、障害年金を専門業務とする。
全国から毎年1000件近い相談が寄せられ、その相談件数・請求件数は全国トップレベル。セミナー講師としても活躍。
障害年金の普及や制度改善への活動にも力を注ぎ、患者や医師、家族会からの信頼も厚い。
「障害年金を1人でも多くの人に届けたい」という熱い想いと取り組みから、全国に多くのファンを持つ。

主催 愛知心臓病の会(全国心臓病の子どもを守る会愛知県支部)
後援 愛知県、名古屋市、愛知県難病団体連合会

問い合わせ・申し込み先  TEL:090-5631-1678   Mail:masamiu345@yahoo.co.jp

障害年金学習会チラシ

名古屋市小児慢性講演会「無理なく災害に備えるために」のお知らせ

名古屋市 第2回小児慢性特定疾病児童等自立支援事業講演会のお知らせ(参加費無料)

無理なく災害に備えるために

 地震や洪水、いつ起こるか分からない災害。薬の備蓄など、日頃の備えや発災時にどのように行動するべきか、専門の先生からお話を聞いてみませんか。この機会に防災について一緒に考えてみましょう!

日 時    令和4年10月22日(土) 14時00分~15時30分
参加方法 (2パターンあります)
1 会場参加
   名古屋市総合社会福祉会館(北区清水四丁目17番1号)
   会場参加の場合は 保護者のみとさせていただきます。
   講演会後、保護者同士の交流会を予定しています。

2 オンライン参加
   オンライン会議ツール(Zoom)を使用
   参加に必要なパスコードなどの詳細は受講通知メールの際にご連絡します。

対象 小児慢性特定疾病医療受給者および保護者、申請予定の方
   会場参加、オンライン参加合わせて30組
   応募多数の場合は抽選となります。

講師 愛知県立大学看護学部 教授  清水宣明 先生

申込方法 名古屋市電子申請サービスより(チラシの二次元コード)お申し込みください。
申込締め切り 令和4年10月5日(水)

留意事項
  オンライン参加の場合はパソコン、スマートフォンなどの端末を各自ご用意ください。
  申し込み締め切り後、申請時ご記入いただいたメールアドレスにご案内をお送りします。
  新型コロナウイルスの感染状況により、オンライン開催のみとさせていただく場合がございます。

問い合わせ 名古屋市子ども青少年局子育て支援課 電話(052)972-2629

無理なく災害に備えるためにチラシ

「看護はよろこび」―緩和ケアの現場から 出版のお知らせ

元看護師長の水野敏子さんが
「看護はよろこび」 ―緩和ケアの現場から 
を出版されました。

amazonで購入できます。
ご一読ください。

作者の水野敏子さんからのメッセージを紹介します。

「看護はよろこび」 ―緩和ケアの現場から
  元看護師長 水野敏子
  2022年(令和4年9月1日)上梓。

 子供の頃抱いた夢、「かんごふさん」になりたい。あれから半世紀を過ぎ、自分自身の職業人生を振り返る機会を得ました。登場する患者さんやご家族との思い出は、全てが私の記憶からペンが進みました。誰かの助けが必要な時、そこに看護師がいます。そして、職業を問わず、誰かの為に私達は存在するのだと確信を持ちました。寝たきりの人生を送る人、お世話をする人、その一瞬の輝きに敬意を払い、この本を世に送り出します。

看護はよろこび

女性のがんとアピアランスケア(オンデマンド配信)のお知らせ

名古屋市がん相談・情報サロン ピアネット からお知らせいただきました

がん治療に伴う脱毛や乳房の喪失といった外見(アピアランス)の変化への支援が大きく動きだしています。名古屋市では2019年4月よりウィッグ購入費用助成事業を開始、2022年4月からは乳房補整具が助成対象に加わりました。本講座では、患者支援の専門家やがんのピアサポーターからアピアランスケアの実践的なノウハウをご紹介します。
●講座の模様は、インターネット動画共有サイト「YouTube」で配信します。
●パソコンやスマートフォンから簡単にご視聴できます。

女性のがんとアピアランスケア チラシ

南保健センター「神経難病相談室」のお知らせ

気になる症状のこと、治療や療養生活のことなどで、
日ごろ疑問に思っていること、ご不安に思っていらっしゃることはございませんか。
普段なかなか話せずにいることがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください

開催日程
  令和4年 6月 3日(金)
  令和4年 8月12日(金)
  令和4年10月14日(金)
  令和4年12月 9日(金)

医師:中京病院 脳神経内科 藤城 健一郎 先生
対象:療養中の神経難病の患者様、ご家族の方
時間:午後1時30分から3時30分(受付は午後1時~)
場所:南保健センター1階第3診察室

感染症の状況によっては、中止の可能性もあります。
予約制ですので、事前にご予約ください。

ご予約・お問合せ先
南保健センター 保健予防課 保健看護担当
  TEL 614-2813   FAX 614-2818

南保健センター「神経難病相談室」

南保健センター「神経難病患者様と家族のつどい」のお知らせ

神経難病で療養中の方と家族の方のつどいです。
ご病気があっても参加しやすい内容を心がけて開催しています。
日ごろの疑問やご不安について話し合える時間もございます。
お気軽にご参加ください。

月日・内容
令和4年 6月3日(金)
  ◆音楽療法  「音楽で心もからだもリフレッシュ!」
           講師:音楽療法士 高橋 真由美 先生
令和4年 8月12日(金)
  ◆講話と体操 「今日からできるリハビリ ~姿勢の工夫~」
           講師:中京病院 理学療法士
令和4年10月14日(金)
  ◆講話    「福祉用具ってどんなもの?」
           講師:なごや福祉用具プラザ 職員
令和4年12月9日(金)
  ◆講話と体操 「今日からできるリハビリ ~転倒予防~」
           講師:中京病院 理学療法士

時間:午後1時30分から3時30分(受付は午後1時~)
場所:南保健センター1階集団指導室
対象:家庭療養中の神経難病の方、ご家族の方

※感染症の状況によっては中止の可能性もあります。
 予約制ですので事前にご予約ください。

ご予約・お問合せ先
  南保健センター 保健予防課 保健看護担当
    TEL 614-2813   FAX 614-2818

南保健センター「神経難病患者様と家族のつどい」