NPO法人 愛知県難病団体連合会

難病患者・家族へ医療・福祉向上を。社会との豊かなつながりを。

☎:052-485-6655  mail:ainanren@true.ocn.ne.jp
ブログ

半田保健所 膠原系難病 患者・家族教室のご案内

1 開催日と内容
  日時:令和元年10月11日(金)午後1時30分から午後3時30分まで
  内容:講演 「膠原病の理解と療養生活のポイント」
          講師 藤田医科大学病院リウマチ・膠原病内科 医師 鈴木 雅司先生
     体験談 「膠原病との付き合い方」
          講師 全国膠原病友の会 愛知県支部支部長 池乗 あずさ氏
     交流会
2 開催場所 半田保健所 4階 大会議室 ※エレベーター有
         (半田市出口町1丁目45番地4)
3 参加費 無料
4 お問い合わせ 申込み先
    令和元年10月4日(金)までにお電話でお申込み下さい。ご家族のみの参加も可能です。
    愛知県半田保健所 健康支援課 地域保健グループ
           電話 (0569)21-3354

半田保健所膠原系難病患者・家族教室チラシ

豊橋市保健所「ALS患者・家族のつどい『意思伝達方法を学ぼう』」のお知らせ

最新!『意思伝達方法を学ぼう』
 ALSなどの神経・筋疾患の難病患者さんは、身体の運動機能の低下に加えて、音声言語による意思表出が困難になることが多いです。
 病伏の進行に伴い、使用できるコミュニケーション機器も変わります。道具を必要としない方法から、最新の視線入力装置まで、さまざまな方法を体験し学ぶことができますので、この機会に関心のある方は、是非ご参加ください。

日 時  令和1年10月4日(金) 午後1時30分から午後4時まで
会 場  豊橋市保健所・保健センター 2階研修室A・B(豊橋市中野町字中原100番地)
内 容  ●講話
       ①神経難病のコミュニケーション方法を考えよう
       ②透明文字盤、レッツチャツト、伝の心、Miyasuku EyeCon(視線入力)などの操作体験
        【講師】整友会デイリハビリセンター長 理学療法士 武居 真氏
        【機器説明】ヤガミホームヘルスセンター豊橋店
     ●参加者交流会

<お申込み先・お問合せ>
9月1日から受付開始です。
電話・FA〉く・メールにてお申込みください。
豊橋市保健所 健康増進課 栄養・難病グループ
 電 話 0532(39)9140  FAX 0532(38)0770
 メールアドレス kenko-info@city.toyohashi.lg.jp
 [件名]「ALS患者・家族のつどい」
 [本文]1参加者氏名、2年齢、3豊橋市内・市外、4電話番号、5続柄(本人・家族
 -    ・支援者)、6講師の先生に質問したい内容 を記載のうえお送りください。

豊橋市保健所 ALSのつどい

「学んで救えるこどもの命」セミナーのお知らせ

愛知心臓病の会からの情報提供です
「学んで救えるこどもの命 PHJapanプロジェクト」(遠隔通信シリーズセミナー)のお知らせ
と き 8月18日(日)
      第Ⅰ部 10:30~13:20
          「学校生活においてこどもの命を守るために」
             対象:養護教諭や学校教諭向け
      第2部 14:10~17:10
          「患者さんの自立した社会生活とそれに向けた教育を考える」
             対象:学校教諭・養護教諭、患者さんとご家族 
ところ あいち小児保健医療総合センター会議室
      (東京での開催ですが、愛知会場としてあいち小児でライブ中継されます)
詳細は以下ホームページをご覧ください.
「http://jspccs.jp/report/seminar/ph-japan/」
定員40名です。

第3回学んで救える子どもの命遠隔セミナー

瀬戸保健所「難病患者・家族のつどい」のお知らせ

瀬戸保健所では、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経難病患者さんと御家族を対象に「難病患者・家族のつどい」を開催しています。つどいでは、日々の生活に役立てていただけるよう病気や療養生活について学んだり、情報交換をしています。

第1回 「難病患者と家族のために~知っておきたい役立つ制度~」
  日 時  令和元年8月28日(水) 午後2時から午後3時30分まで
  場 所  瀬戸市やすらぎ会館5階大集会室(瀬戸市川端町1-31)
  対 象  瀬戸市・尾張旭市・豊明市・日進市・長久手市・東郷町にお住まいの
       神経難病患者および家族 30名
  内容及び講師
       講話 「難病患者と家族のために~知っておきたい役立つ制度~」
            講師 GARO(株)代表取締役 金丸直人 氏
  参加費:無料
  申込み:令和元年8月23日(金)までに
      瀬戸保健所健康支援課地域保険グループに電話でお申込みください。
      電話(0561)82-2157(ダイヤルイン)
      なお、講師の方に御質問があればお申込みの際にお伝えください。

第2回 「パーキンソン病~最新医療と療養支援のポイント~(仮)」
  日 時  令和元年10月31日(木) 午後2時から午後3時30分まで
  場 所  瀬戸保健所豊明分室1階大集会室(豊明市沓掛町石畑142−20)
  対 象  瀬戸市・尾張旭市・豊明市・日進市・長久手市・東郷町にお住まいの
       パーキンソン病患者および家族 30名
  内容及び講師
       講話 「パーキンソン病~最新医療と療養支援のポイント~(仮)」
            講師 東名古屋病院 神経内科医師 横川ゆき 氏
  参加費:無料
  申込み:令和元年10月28日(月)までに
      瀬戸保健所健康支援課地域保険グループに電話でお申込みください。
      電話(0561)82-2157(ダイヤルイン)
      なお、講師の方に御質問があればお申込みの際にお伝えください。

瀬戸H「C難病患者・家族のつどい」チラシ

昭和保健センター「難病患者さんのロービジョンケア」講演会のお知らせ

予約制
~見えにくい不自由さを抱えている方へ~
<日時> 2019年9月17日(火)13時15分~15時30分(受付 13時00分~)
<場所> 昭和区役所2階講堂
<対象> 市内在住・在勤の方で
     ・網膜色素変性症等の難病患者さんにおいて、
      見えにくさ・読みにくさを感じている方
     ・ロービジョンケアに興味・ご関心のある方
     ・上記のご家族、関係者の方
<内容> ・講話「目の難病患者さんへのロービジョンケア
                 ~医療現場での取組み~」
        講師:眼科三宅病院 近藤永子先生
     ・ロービジョンケアについて支援者及び患者さんからの話
<定員>  150名    <参加費> 無料
<申込先> 昭和保健センター 保健予防課 保健看護担当
      電話:735-3961 FAX:731-0957
・当日、御器所駅から会場までお越しになる際に、
 ご不安がある方は申し込み時にご相談ください。

昭和HC「難病患者さんのロービジョンケア」講演会チラシ

北保健センター「膠原病の最新治療と日常生活のポイント」講演会のお知らせ

~SLE・皮膚筋炎/多発性筋炎・強皮症を中心に~
日 時 令和元年 9月10日(火)14:00~15:30 (受付13:45~14:00)
場 所 名古屋市総合社会福祉会館7階研修室(北区役所・北保健センター合同庁舎)
内 容 医師講話と質疑応答
講 師 名古屋医療センター膠原病内科医長 片山雅夫 先生
対 象 市内在住の膠原病で療養中の方とその家族等
定 員 50名(予約制・先着順)
     令和元年8月13日(火)9時~ 予約受付開始
その他 参加費無料
【 申込み・お問い合わせ 】北保健センター保健予防課保健看護担当
              電話 917-6554 FAX 911-2343

北HC「膠原病の最新治療と日常生活のポイント」講演会チラシ

中川保健センター「特発性血小板減少性紫斑病」講演会のお知らせ

(予約制)
【日 時】 令和元年11月12日(火) 午後2時~3時30分 (受付:1時30分~)
【場 所】 中川区役所 講堂(中川区高畑1丁目223番地)
【対 象】 市内在住の特発性血小板減少性紫斑病の方、ご家族の方
      その他介護医療等関係者
【内 容】 講話 
       「特発性血小板減少性紫斑病の診断と治療の最新情報」
      質疑応答
        講師 : 愛知医科大学血液内科教授  高見(たかみ) 昭良(あきよし)先生
             (愛知県医師会難病相談医)
【費 用】 無料
【予 約】 令和元年9月17日(火)から電話または来所にて予約受付
【定 員】 50名
【お問合せ・申し込み先】
  中川保健センター 保健看護担当
     TEL:363-4465  FAX:361-2175

中川HC突発性「血小板減少性紫斑病」講演会チラシ

名東保健センター「全身性アミロイドーシス講演会」のご案内

参加無料
日時 : 令和元年11月28日(木) 午後1時30分~3時00分(受付:午後1時15分~1時30分)
場所 : 名東保健センター 集団指導室
        名東区上社二丁目50番地 ※ 裏面の地図をご参照ください。 
講師 : 藤田医科大学名誉教授
     医療法人誠厚会 名駅前診療所保健医療センター センター長
      伊藤 光泰 先生
定員 : 30名(予約制)
※ 事前に下記までお申込みください。定員になり次第、受付終了します。 
【申込・問合せ先】 名東保健センター 保健予防課 保健看護担当
           電話(052)778-3115  FAX(052)773-6212

名東HC「全身性アミロイドーシス」講演会チラシ

ADFフォーラム「障害者の人権について考える」のお知らせ

愛難連牛田事務局長がシンポジストとして参加します

障害者権利条約、障害者差別解消法の施行と、障害者の社会参加のための法整備が進みました。しかし、「津久井やまゆり園」で無差別大量殺傷事件が発生し、旧優生保護法による強制不妊手術問題の発覚、中央省庁では「障害者雇用の水増し」により障害者雇用の機会が組織的に奪われてきました。
愛知県、名古屋市においても、県教委における障害者雇用の水増し、天白養護学校での虐待事件、名古屋城木造復元エレベーター不設置問題と、さまざまな問題が発生しています。
今回のフォーラムでは、全国的な課題に加え、愛知県・名古屋市における課題についても議論を深め、差別や偏見のない社会づくりを考えます。

日 時:2019年8月17日(土) 13:00~16:30
会 場:名古屋市総合社会福祉会館 7F 大会議室(名古屋市北区清水四丁目17番1号)
定 員:先着100名様
参加費:500円 ※要約筆記・手話通訳 ヒアリングループ 点字資料有

第1部 13:10~14:10 ※12:30受付開始
   「障害者の人権について考える」
     講師 藤井克徳(ふじいかつのり)氏 (日本障害者協議会(JD)代表)
第2部 14:25~16:25
   「差別や偏見をなくそう、このあいちから」
     シンポジスト
      牛田正美(うしだまさみ)氏 (愛知県難病団体連合会 事務局長)
      小森あつこ(こもりあつこ)氏 (優生手術被害者とともに歩むあいちの会)
      辻直哉(つじなおや)氏 (愛知障害フォーラム 事務局長)
      藤井克徳(ふじいかつのり)氏 (日本障害者協議会(JD)代表)
     進行
      伊藤葉子(いとうようこ)氏 (中京大学現代社会学部准教授)

主催:愛知障害フォーラム(ADF)
後援(予定):愛知県、名古屋市、愛知県社会福祉協議会、名古屋市社会福祉協議会、日本障害フォーラム(JDF)

【申し込み・問い合わせ先】
愛知障害フォーラム(ADF)事務局(担当:木下)
電話:052-851-5240
Eメール:adf.jimu.2008@gmail.com
ホームページ:http://aichidisabilityforum.com/

8月17日ADFフォーラムチラシ

一宮保健所「膠原系難病患者・家族教室」のご案内

 愛知県一宮保健所では、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎等の膠
原系難病患者さんとそのご家族を対象に患者・家族教室を開催します。
 治療や日常生活などで、お困りのことはありませんか。先生が皆さんの質問に答えてくだ
さいます。また同じような悩みを持つ方ノマと交流することも出来ます。
 みなさんのご参加をお待ちしています。

開催日時 内容
日 時 10月29日(火)午後1時30分から午後3時30分まで
内 容 「病気と上手につきあうために」(仮)
      *皆さんの質問に先生が答えて下さる形式になります。
        講師:皮フ科内科よこたクリニック
           副院長 横田香里 先生
場 所 愛知県一宮保健所 4階大会議室(一宮市古金町一丁目3番地)
定 員 20名(先着順)
申し込み先
 愛知県一宮保健所 健康支援課 地域保健グループ 難病担当
 電話 0586-72-0321
    1週間前までに電話でお申し込みください
    ご質問のある方は、申し込みの際にご質問内容をお知らせください。

一宮保健所「膠原病患者・家族教室」のご案内